トップへ戻る

IDEA FACTORY

PlayStation 2

TOP> PlayStation 2> 新天魔界 ジェネレーション オブ カオスIV

新天魔界 ジェネレーション オブ カオスIV

対応機種
PlayStation 2
ジャンル
シミュレーションRPG
発売日
2004年4月22日 IFコレクション:2005年6月2日
価 格
通常版:7,344円(税込)  限定版:9,504円(税込)  
IFコレクション:3,024円(税込)  
CERO
A(全年齢対象)

Information

ロストグランド。
そこは、かつて神々が戦い、神々の存在が失われた大地。
そして、この地には太古の昔より多くの種族が存在した。これは、その中の一つ人間族の物語である。

時はアウルス歴1599年、北西の孤島に住んでいた人間族が、海を渡り本土への移民を開始した。
人間族にとって未開の地であった本土には、翼の生えた人間、喋るネコ、二足歩行のトカゲなど。
初めて見る亜人種が多く住んでいた。
人間族は、次々とそのような種族が住む地に移り住み、ある国では、亜人種と共に暮らし、
また、ある国では侵略を行い、己の国を造ったのである。
人間族の移民が進む中、ロストグラウンドの北東、極寒の地に人間族によって一つの国が作られた。
その国は、貴族「ガル アネオミス公爵」が初代国王となり統治。
アウルス歴1600年、ドラバニアと呼ばれる王国が誕生する。

そして、時は流れドラバニアは6代国王ノルクが治めていた。
ノルクは、国王という権力に酔い、贅沢の限りを尽くし、財政が厳しくなると国民より多くの税をとりたてた。
圧政に苦しむ国民の不満は怒りへとかわり、やがて革命へと変貌をとげる。
この革命により王政は廃止され、ノルク王は処刑。
統治者のいなくなったドラバニアは混乱し、ム放射が街や村を荒らす騒ぎが多発した。

ドラバニアの軍事大臣であったゼオノクスは、騒ぎを抑えるため自らを指導者とする新たな国造りを決意し、
評議会に己を指導者とするように提案する。
しかし、評議会は騒ぎの鎮静化を急ぐために元王族より再度、国の統治者を迎え入れようとした。
王政の復活に懸念を示したゼオノクスは、半ば強引に評議会を説得し、己を新たな指導者として認めさせたのである。
そしてゼオノクスは初代皇帝として即位。ここにドラバニア帝国が誕生した。
ゼオノクスは民に食と暖かい土地を与えるために領土の拡大を決意。
わずか1年という歳月でドラバニアを強力な軍事国家へと変貌させたのである。

その頃、次々と増設される軍事国家の一つで巨大なドラゴンの死骸が発見された。
それは、伝説に記された神々のしもべと呼べるにふさわしいものであったのだ。
そして、ドラゴンの発見より数か月後、ドラバニアは他国への侵攻を開始した。
時にそれは、アウルス歴1702年の出来事。

そう、この物語の幕開けである。
スクリーンショットスクリーンショットスクリーンショット
©2004-2005 IDEA FACTORY