MENU OPEN

トップへ戻る

アイディアファクトリーを知るAbout Idea Factory

アイディアファクトリーについて

アイディアファクトリーは、商品企画力と開発スピードを生かし、様々なマーケットに商品を展開しています。
SCE、任天堂、マイクロソフト全ての家庭用据置型・携帯型ゲーム機に向けてゲームを展開しています。
また、オリジナルのゲームソフトウェアに加え、版権やコラボレーションによる商品展開や海外展開も行い、コンスタントにタイトルをリリースすることにより、安定した成長を実現しています。
さらに、書籍、CD、イベントの開催、グッズ販売、飲食とのコラボ等、関連事業についても積極的に展開しています。
その結果、美少女ゲーム、アドベンチャーゲームのジャンルでシェアを確実に広げており、特に、女性向けゲームでは、「オトメイト」ブランドを確立し、女性向けゲーム市場においてはシェア一位を獲得しています。

アイディアファクトリーの事業

アイディアファクトリーは、ゲームを中心に様々なエンタテインメント事業を展開しています。

・家庭用据置型・携帯型ゲーム機およびモバイル用ゲームの企画・開発・販売
・書籍、CD、DVD、フィギュア等のゲーム関連商品およびキャラクター商品の企画・制作・販売
・ゲーム作品のイベントやラジオの企画・主催
・法人企業向けエンタテインメントコンテンツの受託開発

お客様に喜んで頂けることを第一に、精力的に商品展開を行っています。

評価実績:「週刊ファミ通」新作ゲームクロスレビュー殿堂入りタイトル一覧

一般向けゲーム市場におけるアイディアファクトリー
(グループ会社 コンパイルハート)

一般向けゲームソフトウェアの企画・制作・販売をアイディアファクトリー及び子会社コンパイルハートで行っています。
代表作に『超次元ゲイムネプテューヌ』 『アガレスト戦記』 『圧倒的遊戯ムゲンソウルズ』等があります。

『超次元ゲイムネプテューヌ』シリーズ

2010年 PS3「超次元ゲイムネプテューヌ」
ファミ通2010年の男性向け総合ランキングにおいて3位にランクイン。
2011年 PS3「超次元ゲイムネプテューヌmk2」
ファミ通2011年の男性向け総合ランキングにおいて5位にランクイン。
2012年 PS3「神次元ゲイム ネプテューヌV」
2013年 PSV「神次元アイドル ネプテューヌPP」、PSV「超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1」
2013年 「超次元ゲイム ネプテューヌ」アニメ化
2014年 PSV「超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION」

カードゲーム、抱き枕、フィギュア、画集、ライトノベル、コミックなども展開しています。

●『アガレスト戦記』シリーズ

PS3用として「アガレスト戦記」「アガレスト戦記ZERO」「アガレスト戦記2」、 Xbox360用として「アガレスト戦記リアピアランス」「アガレスト戦記ZERO Dawn of War」をリリースし、北米、欧州でも販売しており、 現在累計で20万本以上を販売しています。

コンパイルハート

女性向けゲーム市場におけるアイディアファクトリー

女性向けゲーム市場においてアイディアファクトリーは、2010年実績でトップシェアを獲得しました。
そのシェアは市場の4割を占めており、女性ユーザーへの知名度も「オトメイト」ブランドとともに広く浸透しています。
アニメの放送、イベントや舞台やミュージカルの開催、ドラマCDや画集、グッズ等の各種関連コンテンツの展開も幅広く行っています。
又、継続的にコンシューマーゲームをリリースし、販売本数を伸ばしています。

オトメイトの展開

●アニメ放送、OVA、映画

2010年4月 薄桜鬼 新選組奇譚/2010年10月 薄桜鬼 碧血録/2012年7月 薄桜鬼 黎明録(TVアニメ)
2011年8月 薄桜鬼 雪華録 (OVA)
2012年4月 緋色の欠片 (TVアニメ)
2012年12月 華ヤカ哉、我ガ一族 前篇(OVA)/2013年3月 華ヤカ哉、我ガ一族 後篇(OVA)
2013年1月 AMNESIA(TVアニメ)
2013年8月 劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞
2014年3月 劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹

●主なイベント、舞台、ミュージカル

2010年、2012年 『桜の宴』 薄桜鬼単独イベント
2008年、2009年、2010年、2011年、2012年、2013年 『オトメイトパーティー』 オトメイト作品イベント
2011年、2012年 『JAPAN乙女Festival』 オトメイト、ネオロマンス、ビーズログの3大ブランドによるコラボレーションイベント
2010年 『薄桜鬼 感謝祭』 薄桜鬼ラジオ番組から派生したイベント
2012年 『薄桜鬼 雪華録 春の夢』 薄桜鬼OVA全巻購入者招待イベント
2010年 舞台『薄桜鬼 炎舞録』
2012年、2013年、2014年 ミュージカル『薄桜鬼』
2013年、2014年 舞台 オトメライブ『華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド』『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ A live Moment』他
2014年 『NORN9 with Ark & for Spica』 中野サンプラザでの単独イベント

他社との共同イベントや、複数作品でのイベント、ラジオやOVAからのイベント等、様々な角度からイベントを企画展開しています。

●主なコラボレーション企画

2010年夏冬、2011年夏冬、2012年夏冬、2013年夏冬 OIOIとのコラボ オトメイトグッズ販売等
2010年、2012年、2013年 ナムコ・ナンジャタウンとのコラボ 最大9作品のフード、ドリンクの販売やくじ、プライズ景品の展開
2011年~ はなの舞とのコラボ 第1弾~第4弾 薄桜鬼のドリンク、フード、コースメニューの展開
2011年~ パセラリゾーツとのコラボ 薄桜鬼カフェや薄桜鬼カラオケルームの展開
2012年 近畿日本ツーリストとのコラボ 『薄桜鬼~京都探訪録~』京都での薄桜鬼ツアー開催
2012年、2013年 サンリオピューロランドとのコラボ 薄桜鬼とAMNESIAのドリンク、フード、
グッズ等の展開

●海外展開

2012年2月に『薄桜鬼』PSPの北米版『Hakuoki: Demon of the Fleeting Blossom』が発売され、Amazon USAのゲームランキング(PSP)で1位になりました。

●モバイル事業

2010年 GREEにて薄桜鬼SNS展開
リリース後すぐにGREEゲームランキングにランクインし、特に女性向けランキングでは、長期に渡りランク入りを果たしています。
2011年 スマートフォンにて待受けアプリ『薄桜鬼待受絵草子』を展開
2012年 GREEにてオトメイトキャラのSNSカードゲーム『幻想記セフィロト~時の世界樹』展開
リリース後すぐにランクインし、4月にはGREEの女性向けゲームランキングでBEST10にランク入りを果たしています。
2013年 スマートフォン向けアプリ『薄桜鬼 懐古録』を展開
2014年 LINEにて『薄桜鬼LINEスタンプ』を展開
発売日に売上ランキング3位にランク入りを果たしております。

海外展開

2006年より本格的に海外展開を始め、北米、欧州等で、男性向けRPGや女性向けADVをリリースしています。

●主な海外向けタイトル

「Generation of Chaos」
「Aedis Eclipse:Generation of Chaos」
「Spectral Souls:Resurrection of the Ethereal Empire」
「Record of Agarest War」「Record of Agarest War 2」「Record of Agarest War Zero」
「Agarest:Generations of War」「Agarest:Generations of War Zero」
「Agarest:Generations of War 2」
「Hyperdimension Neptunia」「Hyperdimension Neptunia Mk2」「Hyperdimension Neptunia Victory」
「Hello Kitty Party」「Loving Life with Hello Kitty & Friends」
「Hakuoki:Demon of the Fleeting Blossom」
「Jikandia:The Timeless Land」
「Trinity Universe」
「Blazing Souls Accelate」
「Mugen Souls」

●ANIME EXPO 2011への招待

Record of Agarest Warのディレクターとデザイナーがゲストスピーカーとして招待されました。

●スマートフォンでの海外展開

「Spectral Souls」と「Generation of Chaos」をAndroid端末向けに展開し、
今後はiPhone端末向けも展開予定となっています。

●薄桜鬼

2012年2月に『薄桜鬼』PSPの北米版『Hakuoki: Demon of the Fleeting Blossom』が発売され、
Amazon USAの ゲームランキング(PSP)で1位になりました。