本来、樹ではないのだが、形状や大きさから
「ユグの樹」と呼ばれている。

ユグの樹はノイズネットの使用に大きく関わって
おり、樹がもつエネルギー的な共鳴を利用して
ノイズネットを稼動させていると発表されている。

ユグ正教会では、ユグの樹を神託が授かる
神体と考えられ、尊ばれている。
聖地には、世界最大級のユグの樹が存在する。
物語が展開される国の周りには遺跡が多数点在する。
CUBE(キューブ)はそこから発掘される遺跡資源である。
23年前、街の周辺に点在する遺跡から発掘された
謎の物体CUBE(キューブ)。この物体は巨大な装置や、
デバイスを使える人間に特殊な力を与えた。
デバイスとは想具を使うための必須アイテムであり、
これの適正をもつ特殊能力を操る者を想具使いと呼ぶ。

CUBE(キューブ)を他の金属や素材と合成して作った、
想具使いが繰る武器を「想具」と呼ぶ。
装具とはデバイスと呼ばれるシンボルを身体に
貼り付けた者が装備し、意思力によって具現化する
ことで、初めて使用可能になる武器である。